いとう建設の家づくり

いとう建設 トップ > 地震に強い家

地震に強い家

大地震に強い木造住宅『GVA工法』

資料請求はコチラから GVA工法 お客様の声 〜実例レポート〜
耐震工法・木造住宅の最低基準
参考:(株)アイ・エムエイHPより
固定金物耐震とは震度6クラスの地震が来ても、すぐに建物が倒壊せずに、居住者が避難する時間を確保するということを目標にした構造です。 また連続して起こる大きな余震などは想定していません。このため建物が大きく傾かないように、固くつくればよいという考え方です。

骨組み(構造体)を固くするので、骨組み自体の負担が大きくなってしまい、 震動に耐えれば耐えるほど大切な構造部分を傷めやすく、損傷はかさんでいくことになります。 また、建物の傾きを抑える代わりに、衝撃度(どれぐらいの加速で揺さぶられるか)が増幅されやすくなります。衝撃度は建物内の人や家具にも伝わり、家具の転倒の原因になり、人の感じる恐怖心を大きくするなど被害を及ぼします。 耐震は現在の木造住宅の最低基準と言えます。
制震ダンバー制震とは壁の中に制震装置を取り付け、建物が揺れるときの振動エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収することにより、 建物の損傷を防ぐ技術です。

制震ジーバ【GVA】工法の場合は、住友スリーエム製VEMダンパーの働きにより、振動エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収します。

連続して起こる地震を想定しており、繰返しの振動にも耐力を発揮し続けます。 建物の傾きを抑えると同時に、揺れをソフトにするために、振動エネルギーの吸収を考えます。

骨組み(構造体)の固さに合った制震ダンパーを設置します。骨組みが初期剛性発揮後の揺れ(骨組みが苦手なレンジ)になると制震ユニットが耐力を負担して、骨組みの損傷を抑えます。

建物の傾きと衝撃度(正確ではありませんが、揺れのスピードのイメージ)を軽減し、地震の揺れにブレーキをかけます。 「耐震」の構造にプラスすることで、「耐震」以上の性能となります。
免責装置免震とは基礎と土台の間に免震装置を取り付け、地盤の揺れを建物に伝えにくくして、建物の損傷を防ぐ技術です。 巨大地震を想定しています。 振動を直接建物に伝えないように、基礎と土台を緊結せず、地盤に対して建物が動くように考えられています。

大地震時に建物が、地盤の揺れよりは鈍い揺れ方をします。免震装置のメンテナンスの必要性があり、配管などが建物の動きに追従できるようにするなど、さまざまな複雑なしくみが必要となります。

建物の周りを、いつでも建物が自由に動けるように物を置かないなど、気を使う必要があります。 「耐震」の構造にプラスすることで、「耐震」以上の性能となりますが、中小地震では装置が働かないしくみなので、「耐震」の性能となります。
CVA制震フレームのしくみ
参考:(株)アイ・エムエイHPより
GVA制震フレームのしくみ
●制震ダンパーの働き
建物が地震時に受ける振動エネルギーを受け止め、熱エネルギーに変換して発散することで被害を軽減します。
●制震ダンパー金物の構造
GVA制震工法で使う制震ダンパー金物は鋼製の拘束板とアクリル製のエネルギー吸収材でできています。エネルギー吸収材を鋼製拘束板で挟み込んでおり、建物の振動と衝撃がしっかりと伝わり吸収できるようになっています。鋼製拘束板の部分は溶融亜鉛メッキ鋼板にリン酸亜鉛処理を施し、更にカチオン電着塗装処理を行った事で強靭な防腐加工となっています。粘弾性体は他の接着剤を使用せず、自己接着力で鋼製拘束板に接着しており接着層をつくりません。接着面部分に応力が集中しにくくなっており、拘束板から剥がれにくくなっています。
現場で木部に接着施工する必要がなく、金物内で安定的に制震性能を発揮します。


現場で木部に接着作業なし!
金物内で確実・安定的に制震性能発揮!


振動エネルギー吸収体<VEM>
大地震に強い木造住宅『GVA工法』
『制震工法』(GVA工法)の、よくある質問 Q&Aはコチラ
もっと詳しく『制震工法』(GVA工法)を知るには コチラ
資料請求はコチラから
前のページに戻る


いとう建設とのコンタクト

地元密着の、いとう建設は「訪問営業」や「強引な営業」は絶対に行いません!!

お問合せ 資料請求 土地探し!1300件の土地情報
何でも相談 来社予約 見学会 ライフプラン個人相談会
家づくりメール講座 いとう建設からのプレゼント 家が自分で呼吸します